ベビーシッターの読み聞かせと絵本の選び方

絵本の読み聞かせで大切なのは、うまい下手ではありません。


お父さん、お母さん、ベビーシッター、だれでも心をこめて読んでくれることです。

子供の大好きな人の、その人ならではの雰囲気、声のトーン、スピード、リズム等が子供の心に響きます。
楽しそうな場面ではいかにもうれしそうに、悲しい場面では静かにしんみりと読み手が気持ちを込めて読むと、子供は感情の機微もしっかりと受け止めることができます。

子供は気に入った本を10回、20回いやそれ以上読みたがります。


繰り返し読むことによって、頭の中のイメージをより鮮明にしています。



想像力を豊かにする仕事をしているというわけです。
必要だから求めているのです。

ベビーシッターは、満足するまで何度でも求めに応じてあげるようにしてください。
イメージが豊かに育った子供は、遊びや生活の中で十分に力を発揮することができます。



絵本をベビーシッターが選ぶ場合は、まずは図書館へ行って絵本を見てみましょう。
名作、古典、ベストセラー、新刊本とすべてがそろっています。

いろいろとみて自分が気に入った絵本、子供に読んであげたい絵本を選んでください。

子供も一緒ならば、子供にも好きな絵本を選んでもらいます。
絵本は楽しむことが目的です。


この絵本で文字を覚えさせようとか、しつけをしようとかいう大人の意図する効果を期待するのは、よくありません。
しかしたとえば子供が自ら言葉に興味を持って、言葉絵本を選びどんどん覚えていくとしたらそれはよいことです。



社会についての考察

障害児の保育について障害によっては、医療行為を必要とする場合がありますので依頼を受けるときに、ベビーシッターが保育できる範囲であるかどうかを所属するベビーシッター会社側とともに、依頼者及びかかりつけの医療機関に確認する必要が出てきます。障害を持っている子供の中には、保育所などに通ったり専門施設に通ったりしている子供たちがいます。...

more

社会の特徴紹介

同行保育では子供、保護者とともに行動しますが一口に同行保育といっても、数時間で終わることもありますし一日がかりの場合、また宿泊を伴うこともあります。行先も国内に限らず、海外へ同行するケースもあります。...

more

社会のコツ

ベビーシッターとはその名の通り赤ちゃんや小さな子どもを一定時間預かって生活全般のお世話をする仕事のことを指します。日本では今現在ベビーシッターになるにあたって必要な資格や経験などは明確に決められておらず、誰でもなろうと思えばベビーシッターと名乗って仕事をすることが可能です。...

more

詳しく知りたいなら

東京は、地方出身の人が多いです。なので、出産をしても中々実家に帰る事が出来なくて、大変な思いをしている人も多いでしょう。...

more
top