ベビーシッターの仕事について - ベビーシッターの読み聞かせと絵本の選び方

ベビーシッターの仕事について

ベビーシッターとはその名の通り赤ちゃんや小さな子どもを一定時間預かって生活全般のお世話をする仕事のことを指します。日本では今現在ベビーシッターになるにあたって必要な資格や経験などは明確に決められておらず、誰でもなろうと思えばベビーシッターと名乗って仕事をすることが可能です。



しかし実際にシッターとして活躍している方のほとんどは保育士資格や幼稚園の教員免許を所持しており保育機関での経験が豊富であったり、子育て経験のあるベテランママであったりします。

大切な子どもを預けるにあたってやはりシッターさんの人柄や経歴は重要視されるので、ベビーシッターとして仕事をしたいのであれば未経験であっても子ども関連の民間資格や心理学などを事前に取得しておくと働きやすくなるでしょう。



働き方としてはシッターの派遣会社に登録して、条件にあった依頼が来た時に仕事をするか、自身のツテを生かしてフリーで活動するかのどちらかになります。



様々な家庭がありますので、依頼内容も夜間や早朝であったり、場合によっては学校への送り迎えや食事の買い出しおよび用意も業務に含まれることがあります。

ベビーシッターは基本的には依頼主の自宅に訪問する形で家庭内で託児を担当しますが、一定の室内の広さや衛生基準を満たしていればシッター側の自宅でも託児業務が可能です。依頼を受けるにあたって担当する時間帯や子どもの人数や年齢などもあらかじめ決めておくことができるので、自分のライフスタイルに合わせて業務や勤務時間を決められることも魅力です。また大規模な保育施設とは異なり、担当している子どもとマンツーマンで過ごすことができるのでじっくりと対応したり、子どもが満足いくまで遊ぶことができるのもシッターならではといえるでしょう。


top