障害児をベビーシッターが保育する場合

障害児の保育について障害によっては、医療行為を必要とする場合がありますので依頼を受けるときに、ベビーシッターが保育できる範囲であるかどうかを所属するベビーシッター会社側とともに、依頼者及びかかりつけの医療機関に確認する必要が出てきます。

障害を持っている子供の中には、保育所などに通ったり専門施設に通ったりしている子供たちがいます。

専門施設は大きく、二つに分けることができます。
一つは療育を専門としている施設で、地域療育センターが代表的なものとなっています。


ここではワーカーや保健師を配置して、地域内の保育施設とコンタクトを取ることを前提にしています。



もう一つは専門治療を施設の中で行う、大学病院などの施設になります。
このほかにも、民間が運営している療育機関もあります。



保護者といろいろな施設や機関、そしてベビーシッターとの連携の中で子供たちの発達援助がされていくのが、望ましいことになります。

そしてやがてはノーマライゼーション(障害者や高齢者など社会的に不利を負う人々を包括するのが通常の社会であるとして、それらの人々があるがままで他の人と同等の権利を享受するようにするという考え方)の考え方を持ってください。
ベビーシッターは、預かった子供に障害があるかもしれないと思っても断定することはできませんし、保護者に子供に障害があるということを断定的に伝えることもできません。

このような場合、所属する会社に相談してください。一番良い方法は、信頼のおける専門機関を紹介してともに適切な保育方法を、実践することです。



top